合宿免許で新しい体験ができる

学生で運転免許を取得したい人には合宿免許がおすすめです。


この合宿に参加すれば、14日前後で卒業することができます。
合宿免許に参加するには長期休暇が取れること、20代までの若者で一般的な身体能力と判断能力を有することが条件です。
学生なら長期休暇のシーズンがあるので都合が良く、若いので身体能力も判断能力も基準を満たしています。合宿の開催地は全国各地に存在します。

合宿への参加は予約必須なので、インターネットを利用して参加したい合宿プランを探すと良いでしょう。


名物や特産品が気になる土地や観光名所が多い土地を選ぶと良い刺激になります。


滞在する宿泊施設は合宿プランによってホテルやマンション、学生寮などがあります。

合宿免許情報なら、こちらをご参考にしてください。

宿泊施設では寝泊まりや食事をするだけでなく、エステやネイルなどの魅力的なサービスを提供してくれることもあります。



人気の高い宿泊施設はすぐに予約で埋まってしまうので、予め調べて候補を絞っておくと良いでしょう。



合宿免許のスケジュールは学科や技能の講習を朝10時頃から夕方17時頃まで行います。

途中で昼食や小休憩を取りながら、1日5時間ほどの講習を行います。

長めの休憩が取れた時や夕方以降の空いた時間は外出して周辺の土地を散策できます。
合宿免許の参加費は全て含めても25万円前後になります。

教習所通いの費用が30万円前後ということを考えると、宿泊や食事も含めて25万円前後というのはお得です。

合宿免許への参加は新しい体験をしたり、新しい友人を作ったり、若い時の思い出にもなるのでおすすめです。